新本堂は平成28年7月に完成。
本格的な禅宗建築様式で宮大工による日本古来の木造建築でくぎを使わずに木を組み合わせる伝統技法で作られ耐震性にも大変優れています。また、屋根の反りの美しさを出せるのも匠の高い技、細かいところ見えないところまで手間を惜しまずに建てられた新本堂は年を経るごとに風格を増し、何百年平気で保つことでしょう。趣と同時に威厳さを備えた純木造建築です。
 
祥龍寺本堂
木材は内部国産の桧(ひのき)外部はヒバ材   金剛組宮大工土居組施工  
屋根銅板葺き    宮内庁御用達 小野工業施工

祥龍寺本堂1

本堂正門

御本尊様を祠る本堂須弥壇(ほんどうしゅみだん)
祥龍寺本堂1

御本尊様 釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)
祥龍寺本堂1

中村哲叡画伯による襖絵
祥龍寺本堂1

本堂大間天井画(祥龍白龍)
祥龍寺本堂1

日本伝統工芸 秋田組子細工 龍模様襖

本堂入口にある昇降機

広々した大間

京都蒔絵師 阿吽の龍彫大香炉 (唐金)
きょうとまきえし あうんのりゅうほりだいこうろ


旧伽藍より新たに建て直し、平成19年に完成致した他にない明るい雰囲気のモダンで落ち着く建物はお一人様でもお参りされる方も多く、又、納骨堂までの通路にロビーを設け、庭園を見ながら休憩頂けるようになっており大変好評をいただいております。
また2階ホールには、正面に祭壇、龍の天井板が施され、法事の会食会場としてご使用になれます。(お檀家様のみのご使用となります)普段は自由に見学ができます。

祥龍寺受付画像

玄関 エントランス
祥龍寺受付画像

納骨堂までの通路とロビー
祥龍寺受付画像

龍の天井板
祥龍寺受付画像

寺務所 
祥龍寺受付画像

不老閣 
祥龍寺受付画像

法要・会食会場 


納骨堂の中央に総丈十七尺(約5,15㍍)の十一面観音像をお祀りしご先祖様を尊き、お護りしております。観音像前のホールは四月から十月まで、法事会場としてご使用になれます。

祥龍寺納骨堂3

明るく開放的な納骨堂
祥龍寺納骨堂3

納骨堂前での読経
祥龍寺納骨堂3

ゆったり広々とした空間
祥龍寺納骨堂4

約5.5メートルの十一面観音像
祥龍寺納骨堂4

納骨堂の夜景
祥龍寺納骨堂4

国道から見た納骨堂


「舎利殿」は、祥龍寺百年を記念して建立されました。中にはお釈迦様の涅槃像を中心に、周りに十六羅漢像、五百羅漢像をお祀りしております。内部下は土となっており、永代に土にかえしたい方(納骨堂より収骨又は護持者がいなくなり無縁仏にならない閉収骨された方など)永代に納骨できる合葬墓となっております。

祥龍寺納骨堂3

舎利殿
祥龍寺納骨堂3

舎利殿内部の様子
祥龍寺納骨堂3

十六羅漢象 五百羅漢象
祥龍寺納骨堂3

涅槃象
祥龍寺舎利殿

春の舎利殿
 
祥龍寺ロゴ
〒006-0032 札幌市手稲区稲穂2条1丁目3番1号 TEL 011-681-3012  FAX 011-681-3078
参拝時間 午前8時〜午後5時(一年中お参りできます)